メッセンジャーナース研鑽セミナーⅥは11月24,25日に実施

皆さんお元気ですか。

西日本豪雨災害やその後の支援もあり、延期しておりましたが、次回のメッセンジャーナース研鑽セミナーが決まりました。

11月24日(土)、25日(日)です。10:00~訪問看護ステーション晴にて行います。ぜひご参加ください。

研修テーマは「時の流れ メッセンジャー力を磨こう!」です。今年最後の研鑽セミナーです。よろしくお願いします。

11月3日は姫路日赤病院内でメッセンジャーナース総会が予定されています。全国の皆様との再会を楽しみにしております。お互いの活動を交流しましょう!

「がん哲学外来」の樋野先生をお迎えしての市民公開講座も楽しみです。どうぞご参加ください。

 

メッセンジャーナース研鑽セミナーの予定は決まり次第お知らせします。

メッセンジャーナース研鑽セミナーは、今後の予定を含めて検討中です。決まり次第お知らせしますので、お待ちください。9月予定のセミナーは未定ですので、ご承知ください。

 

被災者のための支援を

西日本豪雨災害で被災を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。

被災からそろそろ2か月を迎えようとしています。被災者の皆さんは、避難所生活で疲れが出たり、生活再建の不安などでまだまだしんどい毎日を送っておられるのではないでしょうか。

晴は、真備町のNPO法人そーる訪問看護ステーションの皆さんと連携し、支援を続けています。スタッフはできるだけ一度は支援に入るようにしたり、生活物資を届けたりしています。

「地域の皆さんとともに街の復興に頑張る」と事業再開をして利用者を守っているそーる訪問看護ステーション。

自らも被災しながら、毎週日曜日には早朝から生活物資を届ける「バザー」を企画して、生活再建や街の復興のためにそーる訪問看護ステーションの皆さんは頑張っています。

私たちは現地で頑張る訪問看護ステーションを少しでも支えたい・・・と考えています。

これから関連死が気になる時期です。関係者が連携して、命を守るネットワークを作り、支えていきましょう。

 

7月28,29日のメッセンジャーナース研鑽セミナーは中止します。

西日本豪雨災害は広範で、深刻です。合同会社在宅看護センター晴は、被災者支援を優先することが必要と考え、28,29日の研鑽セミナーを中止することにいたしました。今後の予定については後日お知らせいたします。

関連死を出さないために、これからが正念場です。関係者と連携して、できることをしていきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。

訪問看護ステーション晴は3周年

ミニ・トマト

2015年の7月1日から事業を開始した訪問看護ステーション晴はおかげさまで3年を経過しました。

最期まで「その人らしく生きること」を大切にして、寄り添う看護を・・・とがんばっています。これは、メッセンジャーナースでもある管理者のぶれない信条です。

コミュニケーション力と看護師の判断力が問われる在宅看護の現場で出会いと別れを繰り返しながらも3年、いろんなことを学びながらの3年でした。

共にチームとしてかかわった事業所からリピートして相談があり、共にチームとして協働できることはうれしいことです。これからも基本を忘れず、10人のスタッフみんなで4年、5年と継続して在宅療養を支えていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

次回は7月28日、29日・・・メッセンジャーナース研鑽セミナーⅥ「時の流れ、メッセンジャー力を磨こう!」

次回のメッセンジャーナース研鑽セミナーのテーマは「時の流れ メッセンジャー力を磨こう!」です。

場所は訪問看護ステーション晴です。

気候不順で体調管理が難しい季節ですが、お元気でお過ごしください。暑い夏に負けずに、熱く看護を語り合いましょう!

看護師の仕事はいい仕事です。看護師がいる町は安心!・・・と言っていただけるような活動を広げていきましょう!

晴のスタッフは、「その人らしく生きること」をサポートして日々奮闘中です。

 

メッセンジャーナース研鑽セミナーⅤが終了・・・理論と実践

メッセンジャーナース研鑽セミナーⅤが終わりました。

リアルな事例と検討、そして実践がつながるまれにみるセミナーとなりました。

看護師は実践の中で鍛えられていきます。

「もう治療法がない」と言われ、死と直面している人がいます。そのことを受け止めることができず、身体状況が悪化して、「しんどい、眠れない」と苦しんでいる人を前に看護師は何を受け止め、何をすればよいか。どういう言葉や態度でかかわり、どういう技術を使うか・・・・。

ロールプレイという手法を通じて研修しました。

村松静子先生も参加していただき、気づきの多い研修となりました。