事業案内

わたしたち「晴」は、晴れの国岡山で、皆さまの心が晴れるよう、あたたかみのある「まちの看護師」として活動していきます。「晴があるから安心」と言っていただけるような事業所を目指しています。

合同会社岡山在宅看護センター晴は主に3つの事業に取り組んでいます。

1、訪問看護ステーション

2、介護予防としての「いきいきサロン晴ればれ」の運営、在宅医療を知っていただく啓発事業としての「市民の集い」の開催など

3、人材育成事業・・・メッセンジャーナース研鑽セミナー、各種実習の受け入れ、出向の受け入れなど

全国にある日本財団在宅看護センターの一つとしてネッワークを構築しています。

日本財団在宅看護センターとは | 公益財団法人笹川記念保健協力財団

  • 名称:訪問看護ステーション晴(ほうもん・かんご・すてーしょん・はる)
  • サービス概要
    • 退院後の生活支援、療養生活の看護、リハビリテーション看護、終末期の看護・看取りの支援、認知症の援助・予防、医療処置・医療機器の対応、精神・心理的なケア、他職種との連携、出張相談会・交流会の開催、受診についての相談
    • ご利用いただける方:体調管理や病気の予防をしたい、自宅で医療機器を使用している、最期を自宅で迎えたい、病気やケガなどで医師の指示がある
    • 得られるメリット:24時間365日緊急時対応可能。ご本人だけでなく、家族や介護者の負担や悩み、健康相談からご希望の看取りまで幅広く支援いたします
  •  実施地域など
    • 実施地域:岡山市
    • 福祉区:岡山市北区中央
    • 24時間対応体制加算:あり
    • 併設施設:なし

 

会社概要・ビジョン

看護師として在宅医療の現場で経験を重ね、ひとりひとりが望む在宅医療のサポートをしたいと思い、2015年(平成27年)3月に「合同会社岡山在宅看護センター晴」を設立し、7月から「訪問看護ステーション晴」をスタートしました。

病気や障害を持ち、治療やその後の療養生活で悩んだとき、自分の人生や生活について一緒に考え、専門職との懸け橋になりたいと思っています。

 

晴